政策 ~ 走るタケダの7つのビジョン ~

あらゆる世代が将来に希望をもち、
安心して安全に暮らせる千葉県と流山市をつくる。

Vision1 小児医療「子どもたちの命を守る」

小児医療体制の整備・充実

●子どもたちの命を守る小児医療。千葉県の小児医療の体制を整備・拡充していきます。

●保護者の方々や医療関係者との情報交換を引き続き積極的に行ってまいります。

Vision2 学力向上「しっかり勉強」

「千葉県に住めば成績が上がる」を目指して

●資源の乏しい我が国において人材こそが資源であり財産です。千葉県そして日本の発展のため、未来を担う子どもたちの学力を向上させる教育を追求してまいります。

Vision3 虐待防止「児童虐待ゼロを目指す」

児童虐待相談対応件数 千葉県は全国ワースト4位

●児童虐待防止対策プロジェクトチーム座長として、千葉県の児童虐待防止政策を主導・推進することで、児童虐待ゼロの実現に尽力してまいります。

※全国ワースト4位は平成29年度の数値

Vision4 基盤整備「流山のまちの土台をつくる」

(仮称)三郷流山橋 区画整理 TX東京駅延伸

●2022年度完成予定である流山市三輪野山と埼玉県三郷市をつなぐ新しい橋、「(仮称)三郷流山橋」の迅速かつ確実な建設推進に尽力してまいります。

●つくばエクスプレス沿線のまちづくり(土地区画整理事業)のスピードアップをはかります。

●「県立市野谷の森公園」の一日も早い完成のため、関係各所への訴えを続けてまいります。

●交通利便性のより一層の向上のため、つくばエクスプレスの東京駅延伸と車両の8両化(現在6両)を目指して、各方面への働きかけをおこなってまいります。

●南流山駅周辺の活性化を目指して、具体的手法の研究と関係機関への働きかけをはじめます。

Vision5 将来活力「将来にわたって活力ある千葉県と流山市をつくる」

商工農業活性化・新産業育成 少子化対策 地域ブランド向上

●商・工・農あらゆる産業を元気にします。また将来世代の雇用確保と税収増のため、新しい産業の育成に尽力してまいります。

●千葉県としてできる少子化対策(就労支援や子育て支援他)に積極的に取り組みます。

●歴史と自然が共生する「利根運河」を「地域のシンボル」とするため、水質改善や周辺整備、そして広告宣伝を積極的に行ってまいります。

Vision6 安心安全「あらゆる世代の安心安全」

医療・介護の充実 地域防災力向上 犯罪防止

●医療・介護の充実をはかり、お年寄りが安心して生活できるまちづくりを進めます。

●障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県をつくってまいります。

●近年頻発する自然災害に対して、地域防災力の向上、支援物資の供給体制整備、帰宅困難者対策など、ハード(設備)とソフト(運用)を組み合わせた防災体制を整備を目指します。

●「特殊詐欺(振り込め詐欺等)」や「ひったくり」などの犯罪被害防止のため、環境生活警察常任委員会委員長を2期にわたり務めた知識と経験を生かしてまいります。

Vision7 無駄省く「効率的な行政運営」

公認会計士としての視点

●公認会計士としての経験を生かし、税金の無駄づかいを厳しくチェックし、将来世代への負担を小さくする健全な財政運営を基本とします。

また、県庁職員が県民目線に立ってその経験と能力を存分に発揮するため、必要な意識改革と体制づくりを提案してまいります。